薄毛が進行?!それは対策が必要です!

生え際が後退してきている?

 

髪の毛がだんだん薄くなってきた…と実感するひとつの要因として、生え際が後退してきたという症状がみられることが多くあります。
読んで字のごとく、生え際の髪の毛がどんどん抜けていき、おでこが徐々に広がっていくような状態になっていきます。
そのほとんどの場合で、いわゆる「M字はげ」の状態も伴っている場合が多いようです。
生え際が後退していくと、それを隠したくて、髪の毛の流れを無視して
頭頂部にある髪の毛をなんとか前に持ってこようとするので不自然な髪形になってしまいます。

 

早めに対策を

 

また、M字はげは頭頂部の薄毛も同時に進行していく傾向がありますから
前に持ってきたい髪の毛もほとんどなくなっていってしまいます。
よって、知らず知らずのうちにはげに近づいていってしまうといっても過言ではありません。
「まだ生え際だけだから…」とタカをくくっていると、あっという間に手の打ちようが無い状態になってしまうのです。
生え際が後退してきたな…と思い始めたら、早い段階で対策をしないと痛い目を見る可能性が非常に高い、ということですね。
毎日、髪の毛をとかしたり顔を洗ったりする身支度の際には、鏡の前でぜひ自分の生え際の状態をチェックしてみてください。
若いから大丈夫と思っていると、気付いたときには手遅れになってしまいますよ。

 

薄毛の対策には育毛剤だけではなく血行にも気配りを!

薄毛と血行?

最近、髪の毛をかきあげたときに「あれ?」と思ったこと、ありませんか?
生え際の状態の様子がなんだかおかしい、おでこが広くなった気がする
ヘンな話「こんなに剃りこみみたいな生え際だったっけ?」と感じた…などと思ったことはありませんか?
もしかしたらその症状、生え際が後退してきている証拠かもしれません。
生え際の後退。実はそれ、薄毛やはげとなってしまう第一歩の可能性が否定できないのです。
これははげや薄毛全般にもいえることですが、同様に生え際の後退も年齢は関係ありません。
「生え際が後退してきたけど、まだ若いから大丈夫」という方程式は成り立ちません。
その症状に気付いたら、1日でも早く手を打たないと取り返しのつかない結果になりかねません。

 

まずは禁煙を

 

であれば、抜けにくい、健康で丈夫な髪の毛にする必要があります。
では、そんな髪の毛にするためにはどのような対策が必要なのでしょうか。
健康で丈夫な髪の毛にする絶対条件は、良好な血行です。
しかし、生え際はもともと血行がいいといえる部位ではないのです。
ですから、更なる気配りが必要です。
カンタンに血行をよくする方法としては、喫煙者ならタバコをやめること。
タバコは血行を悪くする源ですから、禁煙するだけで身体の血の巡りは大きく改善されます。
タバコを吸っていて、かつ生え際の後退が気になるなら、まずは健康のためにも禁煙を心がけてみてはいかがでしょうか。